ライフスタイルに合わせた家を建てることができる

注文住宅を建てる一番のメリットは、家族構成やライフスタイルに合わせて間取りを決めることができる、という点にあるでしょう。家族の人数や年齢などによって、必要となる部屋数は異なってくるものです。小さいお子様がいるなら将来的に必要となる子供部屋について考える必要があるでしょう。高齢の方がいる場合は、足腰に負担がかからないよう、階段の位置なども意識する必要があるかもしれません。注文住宅なら、そうした点を事前に踏まえた上で間取りを決定することができます。現在から将来までのライフスタイルを想定し、そのイメージにぴったりと合う家を建てることができるのです。家族全員が快適に過ごすことができる、暮らしやすい住まいを実現することができます。

間取りの自由度は工法によって異なる

注文住宅ならどのような間取りでも必ず自由に決めることができる、というわけではありません。実際に可能な間取りは土地の面積や形、そして工法によって異なってきます。もっとも自由度が高いとされているのは、木造軸組工法です。間取りの自由度が高いため、狭小な土地でも理想にあった家を設計しやすい、というメリットを持っています。規格化された構造材を用いるツーバイフォーは、耐震性に優れた建築方法です。高い気密性を実現でき、また比較的工期が短いというメリットを持っていますが、間取りの自由度という点では、木造軸組工法にやや劣ります。様々な条件によって間取りの自由度が変わってきますので、注文住宅を建てる際には、事前に工法等について詳しくチェックしておきましょう。

新築一戸建ては、自分の理想を詰め込めることが最大のメリットです。自分の部屋や子供部屋などを自分達の使いやすいようにカスタマイズ出来ますし、料理好きならキッチンにこだわることも可能です。