注文住宅は基本的には高い

注文住宅は依頼主の要望を受けて、設計や材料選びなどを一軒ずつ行っていきます。施工会社や設計事務所と綿密に協議する分、人件費をはじめ多彩なコストが生じてきます。加えて、希望通りの設備や素材を使うために、何かと出費が多くなるのも注文住宅の特徴です。これに対して建売住宅は、画一的な設計・素材・設備を使います。このために最低限のコストで、家を建てることができます。加えて建売住宅は数軒分、まとめて施工することが多いです。これによって、コストを削減できるのが理由とされます。資材をまとめて発注するので仕入れ価格の面で有利ですし、大規模分譲地の場合は広大な土地をまとめて買うので、これもコスト削減に役立ちます。

注文住宅も安くする方法がある

基本的に費用面では建売住宅の方が有利ですが、注文住宅も工夫次第ではリコスト削減が可能です。設計事務所にもよりますが、相場以下の価格で注文住宅を扱っている場合もあります。いわゆるローコスト住宅と呼ばれるもので、中には1,000万円以下で建てられるプランも見当たりました。特に平屋や狭小住宅では、設計を工夫すれば平均的な建売住宅より安くなります。また、建物のコストだけではなく、土地の方も検討したい部分です。建売住宅は人気エリアを選ぶため、地価によって総価格は高くなることも珍しくありません。対して注文住宅は敢えて人気のないエリアを選ぶなど、土地取得コストを抑制しやすいのです。一から設計する分、節約の幅も広いと言えるでしょう。

集合住宅に比べて一戸建ては、資産価値が残りやすいです。また、プライバシー面もあり騒音トラブルも少ないです。